言葉の煙霞

言葉は、無限の可能性を秘めている。

理系コンストラクション【第2号 非破壊レーザーに死角なし③】

 

f:id:hinata_manabe:20200715070329j:plain

 

2.非破壊レーザーに死角なし③

 

 

「お・と・えー!」

 構造力学研究室、修士一年とパネルが貼られた扉は、いつも通り開かれていた。私は勢いよく足を踏み入れ、部屋の奥にいる音絵へ声をかけた。

「なに?」

 雀が木の枝に隠れながらさえずるような、そんな声だった。誰にも見つかってほしくない感じ。私の声との温度差が激しい。相変わらず、顔は無表情で、不愛想だ。愛嬌が全く感じられない。

 珍しくノートパソコンが開かれていた。ちょうど論文執筆の休憩中だったのか、部屋の奥にある窓を開け放ち、外の様子を眺めていたようだ。緑が浅い五月の爽やかな風が、音絵の髪を柔らかに揺らしている。今日は薄いグレーのスラックスに、半袖のブラウスを着ていた。その姿を見て、どこかに出かけて、帰ってきたばかりなのだろうかと思い直す。

 香ばしい匂いも風と共に運ばれてきた。ジンギスカンの匂いだ。学生の賑やかな声が微かに聞こえる。桜が満開になったというニュースをふと思い出した。私もゆっくりと花見でしながら、お肉を頬張りたいなと、そんな想いに駆られた。

 風の流れに沿って視線をさ迷わせていると、音絵の机に、小さな花瓶が置いてあることに気付いた。この前来た時には、なかったはずだ。と言っても、ここに来たのはゴールデンウィーク前だけど。

 花瓶にはハートに似た桃色の花が、釣り糸のような茎に咲き乱れていた。桜と同じく春先に咲き始めるタイツリソウだ。大学四年生まで花屋でバイトしていたから、私は花の名前には詳しい。お店でもあまりで出回っていない、珍しい花だった。

「この花、どうしたの?」

「もらった」

「誰から?」

「一ノ瀬さん」

「え、そうなの?」

「うん」

 音絵は話しかけづらいオーラを全身から醸し出しているけど、会話のキャッチボールができないわけではない。ちゃんとした質問をすれば、きちんと答えてくれるし、嘘もつかない。よく言えば素直すぎるのだが、淡々としているので、心の内はどう思っているのか、全くわからない時がある。

 ただし、それは付き合いが浅い人間に限る。

 私のように、大学へ入学した時から音絵と一緒にいる人間にとっては、彼女が何に興味あって、何に興味なくて、どういう感情を胸の中にひそめているのか、その時の話し方の微妙な違いで汲み取れるようになった。双子の兄弟が見分けられるような鋭い観察眼を養っていないと、なかなか難しいのだけど。

 ちなみに一ノ瀬さんとは、同じ大学院工学研究科の都市計画研究室にいる一ノ瀬亮(いちのせりょう)という同級生だ。背が高くて、そこそこ顔はいい。

 可愛らしい花を見ながら、私は「へぇ」と微笑んだ。彼が音絵に気があることを知っている。まぁ、あからさまな態度なので、同級生はみんな知っているだろう。当の音絵は全然相手にしていない。と、思う。きちんと花瓶を飾っているあたり、邪険には扱っていないのだろうけど。

 でも、恋愛の心得だけは、自分のことも他人のことも、私は二十歳を越えてもよくわからないままだ。私は最近、失恋した。その話は置いといて。

「そういえば、音絵のせいで、私のラケットが壊れたんですけど」

「なぜ」

「聞いたわよ、後輩から」私は腕組みをしながら、音絵を睨み付ける。「構造力学の演習で、学生に冷たい対応したんだって? そのことを、私は今、怒ってるのよ。ちゃんと笑顔の練習、続けてる? これからの音絵は、誰からも可愛いと憧れるような人になってもらわないと。また独りぼっちになっちゃうよ。私だって、就職したら、音絵とあんまり会えなくなっちゃうんだからさ。コミュニケーションの練習だよ、練習。修士の二年間なんて、あっという間なんだから」

「してないし、そのことは、私と関係ない。独りぼっちでも、いい」

 言うと思った。

 はい、話はお終いという感じで、音絵は窓をぴしゃりと閉める。胸を潤す初夏の風が、行く場を無くして部屋の中に漂い、やがてどこかに消えていった。

 大学四年間で少しずつ人との関わり方が変わってきたと思ったのに、なんだかまた、暗い感じに戻りつつあった。それとも、一ノ瀬と何かあったのだろうか。心なしか落ち着かない後ろ姿を眺めたまま、なんとなく思う。まぁいい。

「ちょっとさ、私の頼み、聞いてほしんだけどなぁ」

 私はパソコンが置いてある机へ近づきながら、声をかける。

「もうすぐ、学会の論文提出、あるんだけど……」

 音絵が無表情のまま、椅子に深く腰かける。その瞳は、既にパソコンへ向けられていた。

 論文があるのは知ってる。私も同じだ。ジンギスカンを頬張りたい気持ちをなんとか堪えて、今、追い込みをしているのだ。

 マウスをクリックする音が聞こえる。音絵の得意技だ。誰も私に話しかけるなモード。次に、規則的にタイピングをする音が聞こえてきた。音絵の無機質さを更に助長させるような音。こうなったら、普通の学生では手に負えない。

 が、音絵の興味をこちらに向けるためにどうすればいいのかも、私は知っている。

「新作の高性能レーザー探査機」私は鞄の中から、隠し持っていたパンフレットを取り出し、音絵に見せつけるように広げた。「昔から企業と共同研究しているやつ。今年の研究費で、教授が試作版を買ってくれたんだ。もうすぐ、うちの研究室に届けられる。来週、豊曲川(とよくまがわ)の堤防点検、うちに新しく入ってきた学部生連れて試しに行くんだけど。どれほどの精度があるか、興味がない?」

 音絵が視線をこちらへ向けた。その瞳は少しだけ、新しいおもちゃを買ってもらえる子供のように輝いていた。

 私が音絵へ放つスライスサーブは、これまでに外れたことがない。

 

 

 ↓ 次のお話へ。

www.hinata-ma.com

  

 ↓ 前のお話へ。

www.hinata-ma.com