言葉の煙霞

言葉は、無限の可能性を秘めている。

◆集英社コバルト文庫・短編小説新人賞に応募しています。

まだまだ修行中ですが、集英社様のコバルト文庫・短編小説新人賞に応募しています。 去年の4月から応募を始めて、そろそろ1年が経ちます。 ここでは『もう一歩』となった作品をまとめてます。 人並みに読める作品となっているはずですので、お時間が許す限…

陽だまりのたんぽぽ

とんぼが飛んでいるのを見たときに思ったこと。 「昆虫って何考えてんだろう?」 柔らかい風が吹いて、空高く舞い上がって、「人間って、どうして空を飛ばないんだろう」とか彼らは思っているんだろうか。 あの目で。 あの体で。 くもの巣にそのとんぼが引っ…

深淵に届け。

こんにちは。 自分探しが大好きな理系人間の真辺陽太です。 この一か月、時間が許される中、純文学や過去の受賞作品の小説を読み、自分が書いた物語に足りないものをつらつらと書き出していました。 その数が、実に多いこと多いこと。まだまだ未熟な私です。…

あの海を越えても。

あの海を越えても。 神社で買った小さなお守りは、ひどく重かった。震える手で握り締めようとしたが、指に力が入らない。まるで磁石のような力に包まれているみたいだった。それとも、私の指が握り締めることを拒否しているのだろうか。 五百円玉のお釣りを…

2020年を振り返って。

『Dans la vie on ne regrette que ce qu'on n'a pas fait. (人生において、人は何かをしなかったということ以外に後悔するものではない。)』 これ、私の好きな言葉の一つです。 フランス人作家のジャン・コクトーという方の言葉。 さて、今年はいろいろな…

冬春夏、やがて秋に染まりし

恋吹雪(れんふぶき) 「浅はかでした。」 呟いた涙は戻らない。 今日も降り続ける。 あなたへと吹きすさぶ未練 冷たい恋慕。 会いに行くふりをして 傷つけた愛しさは なれの果て 拾い集めても 目に見えるのはぞんざいな愛の証 消えるように響く時雨の足音 …

コンタクトレンズ式彼女

俺は彼女を選べる。 昔から彼女に不自由しなかったし、まるでコンタクトレンズを交換するかのように、常に新しい出会いを欲していた。 付き合うってなんだろう。好きってなんだろう。 そんなことを少しだけ考えるお話です。 「あなたは『好き』を手入れして…